12月の日記



日記トップへ


「2000年も終わりですね」
12/31
今日で2000年も終わり。明日からは21世紀。いやあ、早いもんだね。
1999年はノストラダムスの大予言が怖かったし、2000年は就職活動に
かこつけて買ってもらったパソコンと、恋人のように寄り添い、2001年は
どんな年になるのでしょう。私も人生山あり谷あり、流浪の民のように全国を流れ
歩いていますが、いやあ、楽しいですな。そのうち鮭のように北海道戻りますがね。
あ、ほっちゃれはいやん♪


「方言」
12/30
23歳になっても就職せずに、未だにおばあちゃん(78)からお年玉をもらう、
馬鹿者「はな」。今日はおばあちゃん(以下テル)に電話でお礼を言う。
テルは、老人にしては革新的な思想の持ち主だ。北海道の田舎のばあさんにしては
とってもキュート♪大事なものは家庭菜園のトマト。うっキュート♪
テルに電話をしてしばらく話す。

はな「あー、おばあちゃん?なっちゃーん。お年玉ありがとう。いやあ、悪いねぇ」
テル「んだ。(そうだ。)」
はな「働いたらいっぱいおこずかいあげるから、長生きしてよぅ?」
テル「あー、わしだら長生きしてども(したいけど)、どうなるが、わがんね(分からない)」
テル「なっじゃん(なっちゃん)だれが(誰か)一緒に帰ってきだのか?(来たのか)」
はな「は?何で?誰とも帰ってこないよ。結婚したい人なんていないもん。」
テル「んだ。色々な人とつぎあってから(付き合ってから)きめねば駄目だ。」
以下続く・・・


「パトル・ロワイアル」
12/28
夜中12時くらいから3時間かけて『バトル・ロワイアル』を読了する。
666ページの二段。久しぶりの厚い本だった。内容は今色々話題だから触れないけど、
まあ良かったかな。それにしてもビバ実家。暇でよい。
本・ビデオ・テレビ三昧。北海道のキラ星「大泉 洋」も見れるし、幸せだ。
いい男だなぁ。大泉君。ファクトリーで見たあなたは素敵だったわ(謎)
「水曜どうでしょう」関東の超深夜で良いからやってくれないかな。頼むテレビ朝日っっ。


「帰省の飛行機にて」
12/25
今回の帰省は貯めていたマイルを使ってみました。朝、六時半には起き、
八時半バス停。十時羽田着で十二時半離陸。そこまでは順調だった。
この時期、子供も冬休みになって両親とともに田舎へ引っ込む季節。
私の後ろの席の子供、推定5歳。「パパー、ポカリ飲みたいー」と言いながら
私の席を揺する揺する。シートベルトで締め上げられている私は席とともに揺れる。
ぐ・・・吐きそうだ。隣の席は推定14歳。静かにしているけど・・・。
「くちゃくちゃ」なっなにかを噛んでいる。とともに匂ってくるビーフの香り。
天狗だ!天狗印だ!ビーフジャーキーだ!やめてくれ(T_T)
その匂いは機内ではきついぞっっ。子供たちの攻撃で昇天。
函館までの一時間はグロッキー。楽しい帰省でした。(-_-メ)


「実家に帰る」
12/22
だんだん寒くなってきましたね。北海道の知人や母親から「シベリア級の寒さ」である
北海道状況を日々伝えられ、帰省にしり込みしている毎日(笑)
先日初バイトをしまして、小1国語に撃沈してまいりました。生徒はかわいいです。
でも、中高教育法しか知らない私が「小学生」を教えるのはちときついものがありました。
まあ、用意不足だったので、この次は(って次あるのか??)準備万端で
頑張りたいっす。ふふふ・・・・(謎)年賀状書いた??私は書いた。出しました♪


「今日はクリスマス会」
12/20
今日は初バイトの日だ。4時に行く。早くも行きたくない(笑)困ったなあ。
私は昔から「行かなくても良いけど、行かなくてはならない」ものに行きたくない。
例えば高校のときの部活。いやなら辞めれば良いのに、結局3年間バスケ部。
短大の時のバイトもそう。別に生活に困窮してのバイトじゃない(だって時給600円)から
いやなら辞めれば良いのに、20万貯まるまでやった。今回も・・・お母さんに「バイト
しなくてもいいよ」と言われつつ、何となく面接を受けたら採用(笑)やめりゃいいのに、多分
首になるまで続けるだろうと思う。でもー、時給良いし、また貯金できるし(貯金好き♪)
行ってみれば楽しいかもしれないし。私服で良いっていうのがいいよね。
多分私服でいいと思う。今日はそれが終わったらクリスマス会だー。
シャンパン持っていくぞう。むふむふ


「色々だった一週間」
12/18
先週は色々あった。まず水曜日にダーリンに有給を取らせて(笑)
ディズニーランドに行った。次の木曜日は具合が悪くて、大学を休んでしまった。
金曜日はお台場のZeppで、パフィーのライブがあり、楽しかったけど、
とっても疲れた。土曜日は親知らずを抜いたところの抜糸に行き、
ダーリンからクリスマスプレゼントをもらった♪まだ開けないけどね。
日曜日は二駅向こうまで買い物に出かけた。そしてバイトの採用の連絡が来た。
うーん・・・。なんだか楽しいわ。バイト・・・。
やりたいと思っているときは採用されず、特にやる気が無い時は採用される。
何て素敵なんだろう。でも、バイトはお金が欲しくてやるわけでは
無いので、時給がいくらかは実はあんまり知らなかったりする(笑)でも、頑張るぞー。


「昼から泣く」
12/11
お昼の「ワイドスクランブル」を見たら、小児ガン告知の特集をしていた。
がん告知っていうのは、本当に辛いものだと思う。昔から小児ガンは、
ガンの中でも最も辛いもので、よく「小児ガン闘病日記」は出版され、それなりの売上を
伸ばしいてる。私も一冊持っていて、小学校の時の私の愛読書でもあった。
私が持っていたのは『あっこの日記』というもので、白血病で亡くなった女の子の日記と
その母親の日記を国語の教師である父親がまとめたもの。
今日のテレビでは6歳の男の子が母親に「あと半年しか生きられない」と告知され
「死にたくない」と泣いていた。
本当に死にたくないと思う。まだ6歳。でも告げてくれてありがとうと言ったという。
もし自分がガンだったら・・・。告知されてそれを受け入れるだけの余裕も無いだろうし、
もし自分の大事な人がガンでも告知できるかどうか分からない。
そんなことを考えながら、お昼のワイドショーを見て泣いた主婦は
最低1000人はいるわけで、その中に自分も含まれている事に
なんだか悲しみも感じる23歳の冬。


「隠れた日記」
12/7
それは、ソースを見てくれれば分かる(笑)
今日は晩酌をしている。日本酒を飲んでいる。なかなか美味い。
すでに眠くなってきた。ぐぅ・・・・。

「怒りの手紙」
12/7
犬の○○さんへ。
私・・・あなたのこと、す・・・すごく嫌いですっ。
あ、どうしよう言っちゃった♪あなたの嫌なところは年甲斐が無いくせに
1番年を気にしているところや、自分中心に世界が回っていること、
そしてそんなに性格が曲がっているのに、打たれ弱くてへなちょこな所です。
私としては売られたケンカは高値で買い取りたいタイプなので、是非一戦あなたと
交えてみたいのですが、あなたが口ほどにも無いので多分私の攻撃に耐えられず、
どうにか成ってしまうだろうという、私の配慮によりあなたは生きています。
私の知能的攻撃でねちねちと、そして、私の本能的攻撃で一気に
息の根を止めてやりたいと今日本当に思いました。
大体あなたは、「子供たち子供たち」とウザイです。っていうかすべてウザイのです。
あなたは私のことだけでは無く、ダーリンの事まで侮辱してくれましたね。
そういうあなたも、以前の彼氏のようなタイプの人間とまた付き合っているし、
お年も結構行った人ですね。それに、実習に行って何をしてきたのですか?
「わたしぃー、はなちゃんのこと苦手ぇ」と言うのは構いませんが、
自分の心に留めて置いてください。っていうか、苦手って何で私があなたの事を考えて
いなければ成らないのですか?それが自分中心世界ってやつですか?参ってしまいます。
あなたは来年25歳になるのですから、もうちょっと
大人になってください。あと、化粧濃すぎですよ?眉毛が太くて形が怖いです。
では、乱筆乱文にて。あなたのはなより(笑)


「今日は忙しかった」
12/6
今日は、私の最後の親知らずを抜くために口腔外科に行った。
麻酔をぶすぶすっと一杯打たれて、ぐりぐりと歯をいじられて、ぷいっと抜かれた。
そして3針ほど縫って終了。痛いなぁ、顔腫れてるなぁ。金曜日飲めるのかなぁ(笑)
そのあと、バイトの面接に行った。結構面接はいい感じ。が、筆記テスト、
出来ないっちゅうねん。数学は、角度しか出せないし因数分解は一つしかできないし、
英語は文法できないし、国語すらあやうい。歯も痛んできてもう駄目、オーバー。
テストと面接を考慮して決まるらしいけど、多分駄目だわ。受かったら、そこの室長が
よほどいい人か、本当に人手不足に困っているか、どちらかだ(笑)ま、落ちたらネタですわ。


「卒論終わっていい気分」
12/5
卒論ね、出しちゃうよね。いやぁ、気分いいねぇ。気分良くなって、もう正月気分。
早いよね(笑)でも、もう正月用トップ作っちゃった。公開はさすがに控えてるけど。
でもね、私、12/25に帰省するから、そのとき公開しちゃうよね。まだクリスマスだってね。
そしてこっちに戻ってくるの、1/9だから、いつまで正月気分なんだって話しになるね。
卒論終わったら、ちょっとHPリニュしようと思ったけど、面倒だから(フレームが)やめた。
土曜日、「しゃべり場」りビデオ失敗した。テレコン入ってた(T_T)でも、その裏の
「ハンターハンター」見れたから良いや。ご飯たべよーうっと。


「12月ですね」
12/2
はあ、とうとう12月ですねぇ。さっきもマミィから「函教の大学院の募集ででるよ」なんて
いやーな電話がきたりしてちょっとブルー。大学院は行ってみたいけど、
修士論文のこと考えると気が遠くなるし、自分が院で勉強するだけ才能があるかどうかって
自信無いし。多分私は「ある程度はできても、人より優れている」訳ではないと思うし。
もし自分に自信があったらちょっと壮大な「研究者になりたい」っていう夢に
進めるかもしれないけど、別に卒論だって極めて素晴らしい観点を
持っているわけではないし
(と言いつつ、盲目ものの専攻論文が無いのは満足だったりする、ヘヘ)
とにかく自分はどうしたいか自分でもわからなかったりする。
もし自分が短大の時の自分だったら、大学院を目指したかもしれないけど、
今は状況が違って、色々と自分のしたいことだけをしていれば良いって感じじゃないし。
あー(>_<) とにかく今は卒論をあげることだけ考えよーうっと。


広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー