塾と私



塾の苦渋トップへ

いつの時代も、学力主義、受験戦争。子供って本当に大変・・・。
と、皆さんお思いですか??それもまた一つの考えだとは思います。
早期教育なんて、本当に機械作っているみたいで、大変だなって思う。
でも、塾って楽しいんですよ。学校とはまた別の世界。
ここにも「塾マジック」に引っ掛かり成長してしまった私がいます。
さあ、私と塾はどうやって添い遂げてきたのでしょう。


自分よりはるかに
勉強出来ないと思われる
同級生が、塾で予習しているせいで
自分より出来が良さそうに
見えるのがどうしても
我慢出来ない

そんなもんですよ、きっかけなんて。
私も無事塾生活を送り始めることとなります。
私の初塾。それは「○習センター」

私が中二の時、塾が本州の塾に吸収合併されました。
ある程度は有名なんでしょうか?知りませんが(笑)
塾のシステムも本州と同じになりました。
レベルは段違いに低かったらしいですか。
一瞬で消えた幻の塾名「北伸○カデミー」

名前が浸透しないとの理由で、本州と同じ名前になりました。
その名も「栄○ゼミナール」

とりあえず、市内で一番の公立高校に入学。
中学時代の先生が塾との確執でやめる。
たまたま塾に遊びに行っていた時に
「先生が高校行っても勉強教えようか?」と
引き抜きされ(笑)笑ってくれといわんばかりの
個人塾「カ○ッジ進学会」

怠けすぎて、大学に落ちる。
短大に入学。卒業必修である「百人一首暗記テスト」に合格。
たまたま学校に掲示されていたバイト情報を見て、
講師志望でありながら、事務のバイトを始める。
北海道では非常にメジャー且つ強大な力を持つ
あこぎな商売をする「北○学力増進会」

大学に編入して、二年間。
そして現在。
卒業論文も提出し、私を待つのは卒業後の無職生活。
とりあえず、またまた大好きな(笑)塾でバイトしたいなと思う。
最初に受けたら受かってしまった。
「国語しか教えられない使えない講師」として君臨中。
ちなみに時給は1000円ほど。全然生活出来ないので
相変わらず仕送りの身。
さすがに現在のバイト先は「某個別学習塾」とだけ

塾、渡り歩きすぎですか?

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー