生徒と質



塾の苦渋トップへ

生徒と塾講師。
お互い人間です。性格的に合う生徒と合わない
講師がいます。自分がどんな生徒か
考えた事ありますか??


自画自賛(痛)

中学までの私、結構勉強できました。
程度としては、どうなんでしょう。
北海道函館市では「まあまあ」って程度。
関東レベルには達してませんけどね。

授業は、数学は苦手でしたね。
1番苦手なのは英語。反対に得意なのは国語。
理科は学校の先生に
「おまえなら、入試で満点取れる」って感じ。
社会も良かったです。
ありがちなタイプの生徒でした。

もちろん問題なんて起しません。
授業中は静かです。
宿題だってやってきます。

高校時代は、個人塾に通っていた私。
勉強は・・・兎に角出来ませんでした。
平均評定3.4って学校推薦ももらえません。
でも塾に通ってました。
もうタダの社交場です。

個人塾って事で、帰りは先生の車で送ってもらっていました。
先生は私より15歳上の、素晴らしいお方でした。
数学専攻な割にはいろいろな事に造詣が深く、
カラオケで「学生街の喫茶店」を熱唱してもらった
事は一生忘れません。

帰りの車の中で、中学時代の塾の話や
色々な話をしたものです。

高校を卒業して私は塾も卒塾しました。

短大に入学した私は夏休み、塾に遊びに行きました。
そこでやっと「塾学生時代の生徒の質」の話に。

では、講師から見た私は?


授業中、みんなで盛り上がってうるさいとしましょう。
私の塾で騒ぐのは私とY子とC尋だけです。
ただ、その人間性は三者三様。

まずY子。先生曰く
先生「1番叱っても可愛い」そうです。

いや、顔じゃないですよ?(笑)
性格がですよ。
彼女は叱られると、本当に反省して、それこそ
愛しい位にシューン
へこんでしまうのです。

次にC尋。
先生「あいつは困ったやつだ」
叱るとわがままだから
ぷーっとふくれてしまって
どうしていいか分からなくなるから。

最後に私。

いい子だっだけど、
先生「人間として非常にいやらしい女」、
だったそうです。えへっ♪

先生が「うるさいっ、よし怒ってやろう」と
思った瞬間急に真面目に質問なんかをして、
絶対怒られないタイミングをつかんでいる。

先生「おまえはさあ、本当にいやらしい
やつだったよ。顔色うかがうの上手いし。
いやー、怒れる二人はいいけど、
お前の対処が1番困ったな。」

うふっ♪

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー